リールのメンテナンス

突然ですが、リールのメンテナンスはしてますか。釣具の中でもリールはメンテナンスをする事で、性能を最大限に発揮する事が出来ます。

メンテナンスをしていない高級リールと、メンテナンスをしている安価なリールだと、当然新品の間は高級リールの方が性能は上ですが、メンテナンスを全くしないと性能は落ちてしまい、安価なリールよりも性能が劣ってしまう事もあります。

リールのメンテナンスは難しいと思っている人も多いと思います。たしかに分解してのオーバーホールは作業が多く慣れるまでは難しいと思いますが、簡単なメンテナンスであれば誰にでも出来ますのでリールの為にもして下さい。

シマノのリールメンテナンス紹介動画へのリンクを貼っておきますので参考にして下さい。

フィッシュグリップはこれ一択

毒魚や歯の鋭い魚等を持つためには必要なフィッシュグリップですが、たくさんの種類があります。そして、今までたくさんの種類のフィッシュグリップを使ってきました。

その中で、間違いなく一番は、第一精工のガーグリップです。

一度掴んだ魚は外れませんし、大きな魚でも問題なく対応出来ます。

さらにホルダーが付属しているため、携帯性もよくて便利に使えます。

難点は、多少値段が高い事ですが、フィッシュグリップは一度買えば、何年も使えますので、すぐに元は取れます。

たくさんのフィッシュグリップを使ってきた結果、辿り着いた

第一精工のガーグリップ

おすすめです。

ライン替えはこれが最高

リールに糸を巻く時、どうやって巻いていますか?

足でペンや棒を押さえて巻いてる人が多いのではないでしょうか?自分もそうやって足でボールペンを挟んで巻いていました。

まあ普通に巻けるので問題は何もなかったのですが、ちょっとめんどくさいんですよね。

それで、前から気になっていた商品を釣具屋で買いました。

これです。

第一精工の高速リサイクラー

テーブルなどに固定して、使用するのですが、これがすごく便利で快適です。

しかも、リールからスプールに糸を戻す事も出来るので、釣りに行った後、リールに巻いていた糸の塩抜きが簡単にする事が出来ます。

便利すぎて、なぜ今まで買わなかったのか、後悔です。

ぜひ、使っていない人は使ってみて下さい。

久々のブログ更新

長い間ブログを更新していませんでしたが、釣りには行っていました。

琵琶湖にバス釣り、和歌山にウキフカセ釣りをはじめ、新たに両軸遠投カゴ釣りも始めました。

とりあえず、両軸遠投カゴ釣りを始めるにあたって、タックルを買ったのですが、竿が1本のところ、何故かリールは3台買ってしまいました。ほしくなると買ってしまう癖を直さないと駄目ですね。

元々バス釣りでベイトリールを投げていたので、両軸遠投カゴ釣りも無難に投げる事は出来ました。飛距離は、糸の色での確認ですが、約100m弱ですので、もう少し練習して飛距離UPしたいです。

両軸遠投カゴ釣りでの釣果は、ヒラソウダくらいしか、まともな魚が釣れていないので、もう少し暖かくなったら青物を釣りに行きたいです。釣れたヒラソウダはおいしく頂きました。

そうそう、先々月の1月になりますが、今年も琵琶湖でワカサギを網で掬いに行ってきました。

琵琶湖釣行 子バスしか釣れなかった

14687634470910.jpg

琵琶湖にバス釣りに行って来ました。
なかなかいい藻がはえている場所はあったのですが、人的プレッシャーが大きくてデカバスは釣れませんでした。残念です。
場所を移動して子バスに遊んでもらうので精一杯の釣行でした。
今度、いつバス釣りに行けるかなあ。