釣りと緊急事態宣言

現在、新型コロナによる緊急事態宣言が現在出ていて、いつもゴールデンウイークとは違ったものになっています。

釣りにおいても、漁港での釣り禁止や、他府県への釣行の自粛の呼びかけ等が行われています。

釣り自体は、空いている場所で行えば、密閉空間でもないので、問題ないように思いますが、釣り場に行くまでに、釣具屋に餌を買いに寄ったり、コンビニに寄ったり、どこかでトイレに行ったりと、釣り場以外にも大抵の人は立ち寄るので、自分は自粛しています。

釣り場の近くに住んでいる人が釣りに行くことに反対している訳ではありません。近くであれば問題ないのかなと思っています。ただ、テレビで立ち入り禁止の場所で釣りをしているニュースを見たりすると、少し悲しくなります。何か釣り人が全て悪であるかのような報道があるのです。

緊急事態宣言中に釣りに行くのてあれば、立ち入り禁止の場所に入らない、人が大勢集まる場所で釣りをしない等の行動をしてもらいたいと思います。

大切な事なのでもう一度言いますが、緊急事態宣言中に釣りに行く事に反対している訳ではありません。釣り場の近くに住んでいれば自分も釣りに行きたいと思っています。ずっと家に閉じこもっているより、たまに気分転換は必要です。ただ、色々な事を考えると行かない方がいいのかなあと感じているだけです。

実際、とこまでがいいのか、山登りはいいのか、キャンプはいいのか、ハッキリわかりません。気をつければ大丈夫と思うのですが、悲しいかな、中にはモラルのない方もいます。今釣りに行くと、そのようなモラルのない人と同じと思われてしまいますので、今は我慢した方がいいのかなと感じています。

今は、少しの間我慢して、緊急事態宣言が解除されて落ち着いてから、ゆっくりと釣りを楽しめばいいのではないでしょうか。それまでは、家の中で釣りの仕掛けなどを作ったり、リールのメンテナンス等をして過ごす事が釣り人全体の評価をあげることになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です